安定したシェアハウス経営をするための方法

男女

リスクを回避できる

電卓

賃貸経営は、リスクもありますし、手間も多くかかるものです。しかし、転賃貸となるサブリースを活用することで、それらの問題を解決することができるはずです。長期的に空室になっていたり、家賃を滞納されてしまえ、ローン返済にも影響が出るなど経営を圧迫することにもなります。しかし、サブリースであれば、管理代行とは違って、空室や家賃滞納などに影響されないので、安定した収入を見込むことができるのです。しかし、サブリースで保証される分、不動産会社などのサブリース会社に支払う手数料は高くなってしまいます。リスクが回避される分、そうしたコストは出てしまうので、どちらが良いのかは事前に想定して比較検討することが大切になってきます。しかし、リスクやトラブルなどを回避することは、お金の問題だけではなく、時間や手間を省くことにもなるため、大きな意味でメリットが高いといえます。安定した収入を得ることができることは、事業計画を立てる上でも大きな魅力といえます。金融機関の融資も受けやすくなるといわれています。空室が出れば、新たに募集しなくてはいけませんし、人気のエリアに建っている築浅物件など立地も条件もよい物件でなければ、次の入居者が決まるのも難しいはずです。しかし、サブリースであれば、そうした心配もいらないので、メリットは大きくなるといえます。立地条件が厳しい物件であれば、委託管理よりも、サブリースの方がおすすめです。手数料率は一般的には、2、3倍変わってくるといえますが、最大でも2割程度になるはずです。